ISOタンクコンテナデータベース | ISOコンテナの番号

title_logo

ISOコンテナの番号

ホーム > 書庫 > ISOコンテナの番号

ISOコンの付番方法.

JOTU 330112 2
JP 22T1

現在の規格では国名は存在しないが,説明のため.

JOTU
コンテナ番号の先頭4桁のアルファベットは所有者を示している.俗にPrefixとも呼ばれる.
厳密には「所有者コード3桁+装置区分識別子」である.
とは言え,装置区分識別子は現状わずかな例外を除いてUしか存在しない.
このUはJR貨物付番のUと同じ,私有の意味である.
勿論JOTが示すのは日本石油輸送である.

330112
この6桁はシリアルナンバーであって,つまりダブってはいけないのである.
ただし,必ず000000から始まっているわけではなく,その付番方法は会社のみぞ知るところ.

2
最後の2はチェックデジットと呼ばれ,計算式によって前10桁が正しいかどうかを証明する役目をもつ.
身近なところではJANコード(商品のバーコード)にもチェックデジットは存在する.
この場合はJOTU 330112 から2が導き出される.
これについてまとめられたページがあるので,計算方法などの詳細はこちらへ.(ISOコンテナ研究室さま)

JP
国コード.古い付番方法では義務であったが,今は削除されている.
JOTは日本企業なので,JPとなる.

22T1
ここは一番大事かも知れないコード,タイプコードとサイズコードである.
これさえ発見できれば,そのコンテナの縦横高さのサイズ・形態・内容物の種類がまるわかり.
Wikipediaに主な規格の対応表があるので,そちらも参照されたい.